入院準備から退院後のトータル入院応援サイト

入院119番HOMEへ戻る

HOME退院前>病院等へのお礼


退院前の病院等へのお礼

入院119番 退院時の医師看護師看護婦へのお礼 医師・看護師
 お礼の方法については、病院の方針など配慮しなければならない点があります。
 最近の病院のほとんどは謝礼等一切受け取りを禁止しており、病院によってはジュース1本でも受け取らない場合も多々あります。医師も看護師さんも同様です。

 しかし実際問題として、他の患者さんがどのようにしているのかは分かりませんので、病室内の先輩患者など仲良くなった患者さんに、過去退院された方がどんなお礼をしたかを聞いておくと良いでしょう。菓子折程度なら受け取るなどケースバイケースです。

 謝礼を受け取らないというのは本来あるべき姿であり、何も困る必要はありませんので、心のこもった言葉でしっかりとお礼を伝えれば問題ありません。

 タイミングとしては、医師の場合には最後の回診の時に伝えれば十分ですし、看護師さんについては、退院時にナースセンターへ挨拶に伺うだけで十分ですが、担当の看護師さんだけはシフトを教えてもらい、最後に顔を会わせる時に個別にお礼の言葉を伝えてください。


 謝礼を受け入れる病院については、謝礼金の相場やタイミングなど注意を払う必要性があります。今時そんな病院には驚かされますが、病気や治療を考慮して1万円〜という感じだと思います。
 
入院119番 退院時の同室患者へのお礼 同室等の患者
 ある意味一番支えてくれた同室の患者については、どうしても何か贈りたいのであれば、飲み物やテレビカードなど実用的なものが望ましいです。あまり高価なものを贈られても、恐縮してしまって受け取れなくなってしまいます。
 特に親しかった人にこっそり渡すだけでも全く構いませんし、どなたにも何も渡さず言葉だけでお礼を伝えるだけでも十分です。差し支えなければ名刺交換など、退院後も連絡を取り合えるようにしましょう。
 
入院119番入院中の仲良し患者 同室ではない交流のあった患者
 いつも談話するところで、交流のあった人達にジュースをおごるなどで十分です。
 差し支えなければ名刺交換など、退院後も連絡を取り合えるようにしましょう。
 





<前  入院119番HOMEへ戻る  次>