入院準備から退院後のトータル入院応援サイト

入院119番HOMEへ戻る







HOME入院中>お見舞いの作法


お見舞いを受ける(患者側)

 入院は症状が落ち着いてくると、検査からも解放され暇になります。
 そんな時に親しい方のお見舞いはとても嬉しいものです。
 ただ病室は自分一人のものではありませんので、同室の方に具合いの悪い方がいたり話しの長くなりそうな見舞客の場合には、迷惑をかけないために談話室など別の場所に移動する配慮も大切です。病室の雰囲気にもよりますが、大声で話したりゲラゲラ笑うのは不謹慎ですので、気を付けるようにしましょう。

 忘れてならないのはお見舞いに来てくれた方について、訪問日・人数・頂き物の種類等、具体的に何を頂いたか詳細にメモをへ記録してください。このメモは、退院後のお返しに役立ちますし、今後その方が入院した際にも役立ちます。

 見舞い客から何か欲しい物を聞かれたら、思い切って欲しい物をリクエストしても良いと思います。見舞いに持って行く品は結構悩むものです。



お見舞いに伺う際のマナー

入院119番お見舞いのタイミング 入院直後はいきなり訪問せず容態を家族に確認してから
 入院直後は最も体力を消耗しており、会話だけでもかなりの負担になります。また、寝姿を見られたくないなど、プライバシーへ配慮しなければなりません。家族の了解を得てから行くようにしましょう。
 
入院119番お見舞いに子連れは控える 小さな子供を連れて行くのは極力控える
 子供に騒がれるだけでもかなりの迷惑行為となり、閉じているカーテンを覗くなど他の患者さんへ多大な迷惑をかける恐れがあります。睡眠を必要としている患者から、睡眠を奪う事になります。
 また、子供は風邪など患っていても自分では意識しませんので、体力の衰えている入院患者へ風邪などの伝染病を蔓延させ、症状を悪化させる事になりかねません。
 入院されている方のお子さんやお孫さんは、なるべく顔を見せてあげて下さい。
 
入院119番面会時間は守る 病院で定めた面会時間を守る
これは基本中の基本です。
 
入院119番お見舞いは午前は避ける 午前中はなるべく避ける
午前は検査や医師の回診などの時間になっています。
 
入院119番お見舞いに長居はしない 長居はしない
病室はそこに入院している皆のプライベートルームですので、いつまでもお客さんが居る状態で落ち着きません。
応対する患者さんにとっても、安静にしなければならない時間を奪われる事にもなります。
 
入院119番お見舞いに香りの強いものは避ける 香りの強いものは避ける
香水などは病室内に臭いが充満するため、不快指数は急激に上がります。
 
入院119番病院での携帯電話は原則禁止 携帯電話
忘れずに電源を切ってください。マナーモードも駄目です。
 
入院119番お見舞いは大勢で行かない 大人数では行かない
大勢で押しかけては入院患者にとって、全ての方に大変な迷惑行為です。
2〜3人以上の場合には代表者を選んだり、複数回に分けるなど工夫をしましょう。
 
入院119番患者がベッドを留守 留守だった時には
看護師さんもしくは同室の患者さんへ聞けば教えてもらえます。
そのまま帰る場合には、名刺やメモなどを残して下さい。
 
入院119番自分が風邪など 風邪など患っている
入院している方にとっては風邪などの伝染病は命取りになる事さえあります。
回復するまでは絶対に行かないようにしましょう。
 
入院119番患者が寝ていたら 眠っている時には
症状が軽い方であれば、退屈で眠っている場合が多いので、間柄によっては多分起こしても差し支えないと思われます。
重傷な方については、看護師さんへ来院した事を伝えるようにお願いして、日を改めるようにしましょう。
入院119番お見舞いに行けないとき すぐにお見舞いにいけない時は
自宅にお見舞いの品を送っても良いと思います。
最近は、病院のサイトなどで入院患者さんへお見舞いメールを送れる病院もあり、すぐにお見舞いに行けなくても気持ちを伝えられますので調べてみましょう。


お見舞い品について

・飲料 ミネラルウォーターや茶などは、薬の服用や喉を潤すのに最適です。量は500mlペットボトルが管理しやすいです。ジュースやコーヒー類などは糖分により、治療や検査に影響する事もあり避けるべきでしょう。
・菓子類 食事制限を受けていないかなど事前に確認しましょう。
病院で禁止しているところもあります。
大人でも玩具付きお菓子なんかは、ベッドに置くマスコットとして好まれます。
・フルーツ お見舞いの定番品のひとつですが、最近は受け取った側も持て余してしまう事も多々あります。
・書籍類 週刊誌よりも専門性の高い雑誌やベストセラーものの単行本など、水曜日以降なら来週号のTVガイドも良いでしょう。古本屋などでコミック全巻大人買いも喜ばれます。
・花 花束は花瓶を準備しなければならないため、アレンジフラワーが好まれます。
・テレビカード 無難なお見舞品のひとつです。毎日テレビを視聴しているとカード代もばかになりません。
・テレカ 病院は携帯電話を自由に使えないため、公衆電話を使用する機会が多くなりかなり重宝します。
・補助食品等 漬け物や醤油・食塩などは、病院食に飽きている方に喜ばれます。(キムチなどの臭いのきつい物は不可)
ただし、治療等において塩分糖分などを制限されていないか確認しましょう。

何度もお見舞いに行かれる方は、手ぶらでも一向に構いませんし、持参するとしてもペットボトル2〜3本程度で十分です。あまり毎回持参しては、受ける側にとって負担になります。

入院119番 お見舞いに飲食物を持って行く時の注意点 注意点
 入院時は飲食するタイミングがずさんになりやすいため、賞味期限の極端に短い食べ物は避けた方が無難です。


お見舞い金

 金額の目安としては、
   友人等・・・3000円〜5000円程度
   親戚等・・・5000円〜10000円程度
   同僚等・・・一人3000円程度
 金額の差が出ないように、同じ関係になっている人同士で金額を相談しておくと後々問題になりにくいです。






<前  入院119番HOMEへ戻る  次>